2017年末までにシンガポール国内のテレビのアナログ放送は廃止されることになる。今、店頭で売られているテレビは既にデジタルに対応。既存のテレビで引き続き放送を視聴したい場合は、デジタルセットトップボックスを購入し、設置しなければならない。今家にあるテレビがデジタル対応かを確かめて、準備する必要あり。

何年か前に日本もアナログ放送が完全に終わったね。あの時と同じような感じだよね。きっと。

デジタル対応のテレビか地デジチューナーを買ってください、ってCMとかでたくさん言っていた気がする。

アナログ放送の時に見ていたブラウン管テレビが、今ではただの大きくて重い箱になってしまって、場所を取って邪魔で仕方がない。故障したわけではないけれど、今さら画像が悪くて見られやしないし、処分しようにもお金がかかるから億劫で。結局ただ置きっぱなしになっているよ。シンガポールでも何年か先にこんな事態が発生するのだろうか?

http://news.asiaone.com/news/showbiz/analogue-broadcasts-stop-end-2017

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

シンガポール今週2件目。続くYishunネコ殺し

Next Story

MRTに新しいディスプレイ導入

Latest from シンガポールニュース