シンガポール医者が咳止めシロップを提供、一年の執行猶予判決

82歳の医師が、2012年3回に渡ってマレーシアのギャングに咳止めシロップを提供し、合計$4,000の利益を得ていたとして1年の執行猶予と$10,000の罰金が科せられた。

医師は、患者の治療目的にのみ咳止めシロップを提供することが許されているが、「脅迫に耐えかねてやった」とい話す医師に対し裁判では十分考え直す機会はあったはずと判断され、裁判所は二度とこのようなことに加担しないよう、文書で提出するように求めた。

咳止めシロップ…なんでも薬は大量摂取するとダメだけど、こういう悪い人たちが欲しがらないように違う成分とかでできないもんなのかね。

http://news.asiaone.com/news/singapore/1-year-ban-doctor-selling-cough-syrup-thugs

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

シンガポール情報はやっぱフリーペーパーとこの ハロアジ電話帳 で♡

ezgif-3234785009

 android

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

シンガポール Yishunで靴の修理20年以上、ヤマグチタロウさん

Next Story

小学生に性的暴行を加えた少年、更生トレーニングを宣告される

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 盗撮を繰り返した当時中学生に有罪判決!

学校内外で盗撮を繰り返していた当時中学生の男子生徒に有罪判決! フィリピン出身でシンガポール永住権を持つ当時14歳の男子生徒はクラスメイトやMRT車内にいた女性の盗撮を繰り返していたのだという。 そしてその動画をアプリを

シンガポール ベンチ上で男性の変死体発見される!

6月30日朝、Bedok Northにあるベンチの上で男性の変死体が発見された。 58歳男性の遺体はベンチに横たわった状態で発見され、駆け付けた検死官がその場で死亡を確認した。 男性の遺体が撤去されるまで周辺は立ち入り禁

シンガポール 危険すぎる洗濯物⁉

もし落ちたら超危険! HDBの窓から出た竹製のポールにひっかけて吊るされていたのは何と!オフィスチェアだった! Tanjong PagarのTown Council がその住居の住民に注意をしてくれたので、もうすでに椅子