シンガポールニュース

シンガポール ごみ処分場で54歳男性死亡!

10月16日朝、Punggol Centralのごみ処分場で54歳男性が死亡しているのが発見された。

清掃員として働いていたこの男性は誤ってドアと機械との間に挟まって死亡したと思われるとのこと。

Ministry of Manpower (MOM)はこのごみ処分場のすべての操業を停止させ、調査に当たっている。

2021年に入り、シンガポールでの労働災害での死亡者数は32人に上っている。

突然の訃報に家族や親しい人たちの気持ちが追い付かないだろうね。

不慮の事故っていうのは100パーセント無しにすることは不可能かもしれないけれど、出来る限り未然に防いておきたいものだね。

0/5 (0 Reviews)

コメントを残す

Your email address will not be published.