シンガポール 個人情報を開示して詐欺師を手助け!若者2人を告発!

詐欺師にSingpassのログイン情報を教え、銀行口座の名義貸しをしていた男二人が告発された。

19歳及び25歳の男はSNSで知り合った詐欺師に報奨金と引き換えに自らのSingpassのログイン情報を公開した。

詐欺師は男たちの名義を使い、銀行口座を不正に開設。

その口座はマネーロンダリングで使用されていたとのこと。

被害総額はおよそ100万ドルに上る。

男たちに対する公判は近日行われる予定。

お金がもらえるからって自分の個人情報を簡単に開示してしまうなんて。

若い子だと報奨金の多さに目がくらんで後先考えられなくなってしまうのかな?

詐欺師の目の付け所も流石だな、って思うよ。

0/5 (0 Reviews)

コメントを残す

Your email address will not be published.

X