シンガポール 動物虐待の判決に物申す!

動物虐待の判決に対し動物愛護団体が不服申し立て!

37歳の男はAng Mo Kioで11匹の猫をナイフなどで傷つけ、12か月間の懲役刑を言い渡された。

最長の18か月間の刑期が適用されなかったことに対し、動物愛護団体が抗議!

結果として死亡した猫は一匹もいなかったものの、どの猫も傷つけられたことによる心身的なショックは相当に大きなものだった様子。

そして、愛護団体の人々には多額の治療費の負担を強いられているとのこと。

この判決では動物虐待に対する抑止力が働かない、と愛護団体のメンバーは口をそろえて訴えている。

結果的に死亡した猫がいなかっただけで11匹もの猫たちをナイフで傷つける行為は許しがたいものだね。

これだけの猫に危害を加えても1年で出所できるんだ、って思われるのは癪だね。確かに。

刑期の長さ云々以前に本人に反省の気持ちが無いとどうしようもないけどねw

0/5 (0 Reviews)

コメントを残す

Your email address will not be published.