シンガポール 建設作業現場でフォークリフトが転倒。作業員死亡!

建設現場で作業中の外国人労働者が死亡!

2月23日、Tampines Northの建設作業現場で、49歳中国人作業員が運転中のフォークリフトが転倒。

男性は車外に投げ出され、搬送先の病院で死亡した。

フォークリフトを運転する作業員にはシートベルトやヘルメット等安全装置の適切な着用が義務付けられているが、死亡した男性がそれらを着用していたか否かは不明。

労働中の死亡事故は今年に入って3件目。

昨年は最低でも37人が労働中の災害で亡くなっている。

車外に投げ出されてしまったってことはシートベルトは着けてなかったのだろうね。

まさか自分が、っていう気持ちもあったのかもしれないね。

安全管理を徹底するのは当たり前のことだけど、まさか、っていう気持ちからついつい蔑ろになってしまうのかも。

0/5 (0 Reviews)

コメントを残す

Your email address will not be published.

X