シンガポール 手違いで刑期延長⁉裁判所が謝罪!

受刑者の刑期を間違えて地方裁判所が謝罪!

59歳の男性は交通事故による傷害などの罪で7週間の懲役刑と500ドルの罰金の支払いを命じられていた。

そして、罰金の支払いができない場合には刑期が数日間延長されることになっていた。

男性が罰金を支払ったにもかかわらず、それがシステム上上手く反映ができていなかったため、男性は実際の刑期よりも2日間長く入所することに。

領収書から罰金支払いの事実が確認され次第、男性は出所できたというが、支払った罰金は返金されないとのこと。

裁判所側はこれはとてもレアなケースだとしながらも、男性に対して謝罪を行った。

えーっ!謝罪はしてくれても罰金は返金してくれないの?

もし自分だったとしたら到底納得できないだろうな。

せめて延長した二日間の刑期分は返してほしい!って思うよ。

腹立たしくて”レアケース”っていうのもただの言い訳にしか聞こえないよ!

そして、この間違えが年単位のものだったとしたら、と考えると背筋が凍るwww

“Those extra two days were especially agonising for him as he lived in uncertainty and fear in a small cell for four."

Stompさんの投稿 2020年9月4日金曜日

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

シンガポール 老夫婦殺害のメイド その動機は?

Next Story

シンガポール 運河の水面に油膜!生物への影響は?

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 警察官なりすまし詐欺!

警察官になりすまして詐欺行為! 被害者は警察官だという男から電話を受け、SNSで互いに繋がるようになった。 その際、相手は警察官の身分を証明する書類(偽)を提示してきたのだそう。 そしてそれを使って家族構成や銀行口座番号