シンガポール 池で魚が大量死!

池に浮かんだ大量の魚の死体!原因は?

10月18日夕方、Punggol Point Parkの池で多数の魚の死体が浮いているのが発見された。

魚の死体は回収され、池の水は総入れ替えされたということだ。

原因は藻の大量発生による酸欠によるものと考えられている。

池を訪れた人々がパンくずなどを池に投げ込み餌付けすることにより、池の水が栄養過多となり藻の大量発生を引き起こすのではないか、と考えられているとのこと。

また、ペットなどを池に放棄することで池の生態系のバランスが崩れ、魚の大量死などの事態を引き起こす場合もあるとのことだ。

藻が大量発生することで魚の酸欠死に繋がってしまうのだね。

そして、その藻の大量発生の原因は恐らく人間が作ってしまっているのだね。

チョットしたことがきっかけになって生態系のバランスが崩れてしまうことを、しっかりと心に留めておかないといけないね。

What do you think happened here? 😱

Stompさんの投稿 2020年10月22日木曜日

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

シンガポール 既婚者送り狼に有罪判決!

シンガポールニュース
Next Story

シンガポール 路上で人目もはばからず排便⁉

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 不正搾取で若者4人を逮捕!

およそ12000ドルを不正搾取した疑いで15歳から21歳までの若者4人が警察の取り調べを受けている。 11月15日の真夜中、出会い系サイトで知り合った二人の男と会ったと言う被害者から通報があった。 この二人は、交通事故で