シンガポール 減刑狙った被告が被害者に賄賂!

減刑のために被害者に賄賂!

現在53歳の男は2012年、3人の男性を刺す事件を起こした。

2015年、男は42ヶ月間の懲役刑と杖刑12回を言い渡されたが、控訴。

減刑を狙った男は被害者3人に対し10000ドルを渡す代わりに弁護士に提出する書類に嘘の内容を書き込むように頼み、被害者たちもこれに応じた。

しかし、被害者が虚偽を申し出たために事態が発覚したのだった。

賄賂を渡した男には6ヶ月間の懲役刑、賄賂を受け取った男たちにもそれぞれ懲役刑が言い渡された。

賄賂を渡してそれが発覚すれば更に刑期が延びることくらいちょっと考えれば分かりそうなものをw

被害者側も賄賂を受け取ってしまった時点でアウトだね。

0/5 (0 Reviews)

コメントを残す

Your email address will not be published.

X