シンガポール 46歳男を放火の疑いで逮捕!

46歳男が放火か?

2月6日夜、Geylang Bahruにある建物1階付近で火の手が上がっていると警察に通報があった。

SCDFが駆けつけて消火活動を行った。

この火災によるけが人はいなかったとのこと。

その後の調べにより、46歳の男が放火の疑いで逮捕された。

放火で有罪判決が下った場合、最高7年間の懲役刑及び罰金刑が科される事となる。

どういった動機でこんなことしたのだろう?

放火の罪には最高で懲役7年!すごく重いよね。

今回は幸い怪我人はいなかったけれど、運が悪ければ何の関係もない多くの人の命を奪ってしまいかねないものね。

火を使ったイタズラは絶対にあってはならないってことだね。

0/5 (0 Reviews)

コメントを残す

Your email address will not be published.

X