シンガポール CPFに偽装申告で10年不正受給していた夫婦!

1

70歳代夫婦がCPFより不正受給10年間!

71歳の夫はthe Central Provident Fund (CPF)に対し、給料として毎月1000ドルを受け取っていると偽りの申告をし、10年間で86000ドル以上の給付金を受け取っていた。

夫婦が賃金を得ていると申告していた会社は実際には2000年より休眠中だったとのこと。

夫には詐欺等の罪で18週間の懲役刑が言い渡された。

10年も不正受給が続いていたなんて!?

現存しない会社を使って申請する方もする方だけど、審査する側も相当ガバガバ?

この手の審査ってすごーく厳しい印象があるけれど、そうでもないものなの?

0/5 (0 Reviews)

1 Comment

  1. 一会社がコタ取るために名前借りてるのはアウトですか?

コメントを残す

Your email address will not be published.

X