兄弟が”父親を返して”と裁判所に懇願。しかし念願叶わず。

2012年11月、被害妄想などの精神疾患を患った夫が当時41歳だった妻の体を刃渡り20㎝のナイフで26か所刺し、殺す事件が発生した。

この夫婦の現在19歳の娘が父を家に帰してほしいといった内容の手紙を被告弁護人を通じて裁判所に提出。しかし、父親は過失殺人の容疑で9年間の刑務所生活を言い渡された。

子供たち、多感な時期に大変な事件が起きてしまって、すごくショッキングだったろうね。それでも自分の父親は父親なんだね。母親を無残に殺した父親を恨むより、以前の楽しかった思い出などがよみがえってくるんだね。罪が罪なだけに釈放は叶わなかったけれど、いつか一緒に暮らせる日がくるといいね。

http://www.tnp.sg/news/singapore-news/siblings-appeal-court-killer-dad-be-allowed-home

 

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

Top 10 phrases you should never say to your wife

Next Story

葬祭業界に増える女性従業員。

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 実の娘にレイプ!44歳男に懲役刑!

性的嫌がらせ行為からレイプへ!実の父親に懲役刑! 44歳の男は実の娘に対し性的な行為を最低でも週1回、9歳から15歳までのおよそ6年間続けていたのだという。 最初は体を触るなどだったものが、だんだんとエスカレートし、しま