妊娠中の妻とローリーの中で暮らす男性

44歳の配達員の男性が、妊娠中の妻と共にローリーの中での暮らしを余儀なくされている。現在妊娠4か月のベトナム人の妻が出産するまでにフラットに移り住みたいと願っている。夫婦は毎日ローリーの後ろ側で眠り、近くの公衆トイレで体を洗っているという。彼の仕事の上司がとても理解のある人で、ローリーに住むことを許可し、家を買う費用10000S$を貸すと言ってくれているのだそう。しかしながら妻が外国人であることと、彼の月給が少ないという理由でフラットへの入居を断られ続けているという。

えっ?妻が外人だからっていう理由でフラットへの入居を断られちゃうの?これはちょっと納得いかないね。こういうときこその助成金なんかも、何かと理由を付けて断るのでは話にならないよね。今のままの生活ではあまりにも不便だよね。早くいいフラットが見つかって、安心して赤ちゃんを産めるといいよね。上司の人が理解のあるいい人だから救われるね。

http://news.asiaone.com/news/singapore/man-lives-lorry-pregnant-wife

ハロアジニュース

こんにちは。
毎日シンガポールのおもしろニュースを投稿してます。

コメントよろしくね。

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

シンガポール週末のプールパーティー要注意。子どもが溺れるケース増

Next Story

バスと電車通勤者の満足度は増加傾向

Latest from シンガポールニュース