少年の暴力沙汰が急増傾向にあり。その原因は?

ここ数年、少年による暴動事件が急増傾向にある。2014年には322人が暴力沙汰で逮捕されており、これは2013年に比べて13.8%も増加している。これはシンガポール国内だけでなく、世界的にも同じ傾向で、10歳から29歳までの実に4人に1人が暴力事件に巻き込まれているという。通りがかりの人が気に入らないといちゃもんをつけ、殴る、蹴るの暴行を加え、被害者が亡くなるケースも。これほど暴力沙汰が増えている背景には加害者のそれまでの生活背景と、どうにもならないストレスが関係していると専門家。加害少年たちにはトークセラピーなどの治療が必要とされる。

昔も若者の暴力事件は後を絶たなかったと思うけれど、最近は特に急増傾向にあるんだね。道で歩いているだけでいちゃもんつけられて殺される、とかマジでありえないんですけど…被害者にしたら堪ったものじゃないね!暴力の原因はストレスにある、ってのは確かに!って思ったよ。

http://www.tnp.sg/news/singapore-news/more-young-people-singapore-turning-violence

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

Dance at salt lake?

Next Story

シンガポール18年より英国で甘い飲み物に課税。シンガポーリアンの反応は

Latest from シンガポールニュース