昨年の職場での怪我の件数は減少、しかし死亡件数は増加

Workplace Safety and Health (WSH) Institute の例年の調査によると、昨年勤務中の事故で死亡した人の人数は66人で、2014年の60人よりも増加したことが分かった。しかし、勤務中の怪我の件数は減少していた。ちょっとした注意を払うことで事故は未然に防ぐことができる。安全を喚起する書面を配ったり、安全のための新しいプログラムを実行し、より勤務中の事故を減らすための対策を実施し、おおむね好評を得ている。

シンガポールも労災制度がしっかり整っているみたいだね。特に建設業や運輸業関連はまさに事故と背中合わせのお仕事だよね。事故っていつ何時自分の身に降りかかってくるか分からないから怖いけれど、ちょっとした注意で未然に防ぐこともできるんだよね。

http://news.asiaone.com/news/singapore/fewer-injuries-more-deaths-workplaces-last-year

ハロアジニュース

こんにちは。
毎日シンガポールのおもしろニュースを投稿してます。

コメントよろしくね。

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

AYEで3台の車が絡む事故発生。12人が怪我。

Next Story

81歳、家の修繕はおまかせ!バリバリ働くおじいちゃん

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 彼氏の愚痴満載投稿!どう思う?

ある女性のフェイスブック投稿がネットで物議を醸している。 女性の投稿には、 「彼氏が贈ってくれた誕生日プレゼントが700ドルのルイビトンの財布でガッカリ。 妹(姉)は彼氏から1000ドルはするシャネルの財布をもらってたの