チャイニーズニューイヤーが近づくと、熱心な切手の収集家たちはJohn Lowis氏が公開するその年の干支柄の切手にエキサイトする。インドで発行された6つの切手を含め、彼は様々な国で発行された2000もの猿の切手を公開。愛好家にとって切手は何物にも代えがたい大切な収集物なのだ。

切手って、好きな人は本当に好きだよね。服や宝石を集めるのと同じ、と言われれば確かにそうかもしれない。切手を保管するために倉庫を借りちゃったりとかすごいよね。お金に換算したら相当な金額に上るみたいだけれど、彼らにとってはお金に換金するなんてありえないことなんだろうね!家族とかからしたら理解不能でお金に換えちゃってくれよ、って思っちゃうかもしれないけどね。そこまで道を究められるのはすごい事だと思うよ。

http://news.asiaone.com/news/singapore/monkey-stamps-india

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

赤ちゃん置き去り10代カップルに保護観察の言い渡し

Next Story

シンガポール20代でやりがちな間違ったお金の使い方

Latest from シンガポールニュース