63歳女性デング熱で死亡 今年で3例目

3月10日にBedok North 在住の63歳の女性がデング熱で死亡したと11日にMOHとNEAが共同で発表した。デング熱での死亡は今年で3例目。Bedok North 地区はデング熱の活性地域ではなく、蚊の駆除作業が続行中だった。このままデング熱の対策を取らなければ今年のデング熱の発症件数は3万件を超え、2013年の22170件を超える見込み。ジカ熱の流行も相まって、蚊の発生を抑えるだけが有効な手段なのか?との批判もあるとMOHとNEA。

デング熱シンガポールでは相変わらずすごい勢いだね。ジカ熱も最近ニュースでしきりに話題になっているね。蚊を退治するのももちろん有効な手段ではあるけれど、予防接種で予防するのが一番有効じゃないのかな?まだ有効なワクチンが認可されていないのが実情みたいだね。早くワクチンが広まるとよいのだけれど…

http://yourhealth.asiaone.com/content/63-year-old-bedok-north-resident-dies-dengue-moh-nea

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

シンガポール看板が男性の頭部に落下し出血

Next Story

シンガポール2015年の総選挙に使用された投票用紙一斉処分

Latest from シンガポールニュース