キャバクラ摩天楼:1時間飲み放題納涼プラン

2軒の屋台にサーモン等生魚の提供の許可

2件の屋台がサーモンを含む生魚の提供を許可されたとthe National Environment Agency (NEA) とthe Agri-Food and Veterinary Authorityが発表した。また他7件の屋台も現在許可待ち状態。

生の淡水魚のB群レンサ球菌による食中毒の発生のため、NEAは屋台での生魚の提供を禁止していたが、この件に直接関係のないサーモンなどの生の海水魚の提供も同時に禁止されていた。

昨年の生の淡水魚を食べたことによるB群レンサ球菌感染者は150人ほどだった。

生魚提供の許可をもらうためには取り扱いをきちんとしているという証明を貰わなければならない。他の業者もNEAの許可を早めにもらうように呼びかけている。

これでチャイニーズ・ニューイヤー期間にも屋台でユーシュンなどの生魚の提供をすることができるようになるだろう。

食中毒は怖いよね。業者さんはちゃんと許可を貰って、適切な方法で食べ物を提供してほしいものだよね。

http://www.soshiok.com/content/two-stalls-get-approval-sell-raw-salmon-dishes

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ハロアジトップへ