ソーシャルワーカーは自身の子供に金銭的に騙されてしまう老親を監視し続けている。成人した子供が年老いた親に様々な局面で継続的にお金を出させ、断ると暴力を振るったりするケースが多い。年老いた親は自分の財産を守る術を身に着け、困ったことがあればソーシャルワーカーに相談するように、と呼びかけている。

これ、日本にもありそうな話だよね。2世帯住宅建てるから一緒に住もう、ってお金だけ出させていざ家が建ってみたら知らんぷり、とか親の銀行口座から勝手に引き出して使い込んでしまうとか。

シンガポールも年老いた親の介護の問題はとても深刻そうだね。

親子関係も人それぞれで、すべてが上手くいっているわけではないだろうからとても難しい問題だと思う。ソーシャルワーカーの介入も時には必要だね。

調べてみたら、シンガポールは日本以上のスピードで少子高齢化が進んでいるそう。だけど、日本みたいに介護保険の制度はないから、家族に大きな負担がかかってしまうのが実情みたい。シンガポールには両親扶養法(Maintenance of Parents Act)っていうのがあるんだね。子供は親の面倒を見なければいけない、っていう法律らしい。世界的にも珍しいんだって。

http://news.asiaone.com/news/singapore/more-seniors-being-cheated-their-kids

 

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

バスターミナルの忘れ物で大騒動!

Next Story

シンガポール中国人がシンガポールで買う本って?

Latest from シンガポールニュース