赤ちゃん置き去り10代カップルに保護観察の言い渡し

18歳少年と14歳少女のカップルが、生まれたばかりの赤ちゃんをSG50バッグに詰めて、少年の家の前に育ててもらおうと置き去りにした事件で、少年は2年間の保護観察と100時間の社会奉仕を言い渡された。当時どちらも中学生だったこのカップル、階段で避妊をせずに性交渉をし、妊娠。妊娠が分かってもだれにも打ち明けず、後に女の子はトイレで赤ちゃんを出産。生まれたばかりの赤ちゃんをバッグに詰め込んで少年の家の前に置いたものを、少年の両親が発見し、警察に通報。赤ちゃんのこともばれてしまった。

何とも浅はかだねぇ…後先の事全く考えっこなしに欲求に身を任せて、とんでもないことになってしまったね。

トイレで出産ってすごすぎる。それなりに時間もかかるだろうに、だれも気付かなかったんだろうか?便器に産み落とされただなんて、赤ちゃんかわいそうすぎるよ。それ以前に、女の子の家族が妊娠期間中全く気が付かなかったってマジでありえんだろ、って思ったよ。

放置されたまま不幸にも亡くなってしまう新生児の赤ちゃんのケースも有るけれど、赤ちゃんは元気みたいで良かったよね。このカップル改心していい父親と母親になれると良いけれど…

ハロアジニュース

こんにちは。
毎日シンガポールのおもしろニュースを投稿してます。

コメントよろしくね。

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

シンガポール車いすに気を取られ自分の足が挟まった…

Next Story

熱心な切手収集家たち

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 他人の家を徘徊して写真を撮る男!

家の周りを徘徊し、写真を撮る不気味な男! Bedok North の家のリビングルームで家族とくつろいでいた女性は、誰かが自分の家の外廊下をうろうろと徘徊していることに気が付いた。 そして、持っていたスマホを構える男。

シンガポール ABAセラピストが障害児に虐待行為!

ABAセラピストがまさかの虐待行為! 自閉症及びADHDを患っている男の子の両親が衝撃的な場面が映し出された映像をインスタグラムに公開し、大きな反響を呼んだ。 投稿された長さ40分ほどの映像には、家に派遣されたABAセラ