シンガポール人が偽のUS$を所持した疑いでインドネシアで逮捕 現在裁判中

シンガポール人Mohamad Razakと2人のインドネシア人が、2015年11月にジャカルタ中心部で偽のUS$札を所持していた疑いで逮捕され、現在裁判中だ。3人は覆面警察官に偽のUS100$札100枚を売ろうとしたところを逮捕された。3人は罪を認めている。検察は4年半の懲役を求刑している。

あらら、覆面警察官とは知らずに偽札を売り飛ばそうとしちゃったのね。ご愁傷様でした。裁判官がどれくらいの懲役刑を下すか分からないけれど、自分の罪はちゃんと償ってほしいものだね。

http://www.channelnewsasia.com/news/asiapacific/singaporean-pleads-guilty/2547572.html

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

【マンゴスティン倶楽部FB情報】マンゴスティン倶楽部3月号をチェック!

Next Story

リークアンユー動画。シンガポールの虹の向こう側になるがある?

Latest from シンガポールニュース