人員削減の際の給付金制度法の整備を提案

4月5日の議会にて、議員Mountbatten Lim Biow Chuan 氏は、人員削減の際の給付金はすべてのスタッフに必ず支払われるべきだと発言。

又、被雇用者の勤務期間に応じて月給の3か月から6か月分に相当する給付金を必ず支払わなければならないとする法の整備を進めるよう提案した。

給付金が支払われることによって、会社を解雇された人は、収入を気にすることなく新しい職に就くためのスキルを身に着けることが可能。

昨今の不透明な経済状況の為、会社を解雇される人は年々増える傾向にあり、2015年第4期には4200人が解雇されている。

日本でいう雇用保険のことだね。シンガポールには雇用保険の制度が整っていないみたいだね。

雇用保険があると、少しの間は収入があるから、その間に就職活動をしたり、新しいスキルを身に着けたりもできるありがたい制度だよね。

議会で承認されて法が整備される方向に向かうと良いね。

http://www.channelnewsasia.com/news/singapore/make-retrenchment/2667720.html

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

List of Japan Scholarships!! Fulfill your dream to live and work in Japan

Next Story

熊本地震で募金した有名人。SGあのお方も。

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 不正搾取で若者4人を逮捕!

およそ12000ドルを不正搾取した疑いで15歳から21歳までの若者4人が警察の取り調べを受けている。 11月15日の真夜中、出会い系サイトで知り合った二人の男と会ったと言う被害者から通報があった。 この二人は、交通事故で