10代男子同士の喧嘩で死亡事件。加害少年罪を認める。

2015年5月、19歳の少年が同じく19歳の少年に殴る、蹴るの暴行を加え、脳内出血で死亡させた事件で、加害者は4月18日、自分の罪を認めた。又、2015年1月に友達二人と外国人労働者に危害を加え、携帯電話を盗んだ罪についても認める供述をした。

加害者の少年は深夜Selegie Roadのクラブで飲んでいたところ、マレーシア人の19歳の少年と遭遇。彼がギャングに属していると自慢したのに腹を立て、暴行を加えた。顔を二回殴り、被害者の少年が倒れこんだときに床に頭を打ち、意識を失ったが、加害者の少年はそのまま何度も殴る蹴るの暴行を続けた。

4月29日に再審が行われる予定だ。

若い男の子の暴力事件が後を絶たないね。若気の至りから一生を台無しにしてしまいかねないよね。彼にはどんな判決が下るんだろう?

 

ハロアジニュース

こんにちは。
毎日シンガポールのおもしろニュースを投稿してます。

コメントよろしくね。

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

シンガポール陸路、海路で出入国時に親指の指紋採取

Next Story

彼女の元彼氏の腹を短剣で裂く!理由はお仕置き!?

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 泥酔の無職男が父親を殴打!

酔っぱらって口論となった父親にケガをさせた男に懲役刑! 34歳無職の男は真夜中に泥酔して家に帰り、68歳父親を意味もなく怒鳴りつけたのだとか。 二人は口論になり、更にヒートアップした男は父親の左目を3回殴ったのだそう。