ハロアジを代わりに運営しませんか。

判決で性的貫通罪から免れた!その理由は?

男性として10代の女の子と人工ペニスと指で性的関係を持っていた”生物学的女性”が自らの行為を認めたにも関わらず、性的貫通罪は『無罪』の判決を下された。

しかし彼女(彼)は完全に無罪ではなく、当時13歳の近所の若い女の子にみだらな行為をした、という罪状で8か月間の懲役を言い渡された。

性的貫通罪で無罪となった理由は、刑法376(A) で、この罪はペニスのある男性にのみ科せられることになっている、というのが理由。

刑法学者などの間ではこの事件を受け、刑法の改正を検討すべきだ、という声が挙がっている。

被害者の女の子が受けた傷を思えば、無罪はちょっと納得いかないね。

8か月の懲役を言い渡されたとはいえ、性的虐待罪が認められた場合に比べればずっと刑が軽く済んでしまっている、っていうことなんだろうね。

刑法の規定がどうだとか、杓子定規なことばかり言っていないで、その時に応じた臨機応変な対応はできないのかしら?

http://www.tnp.sg/news/singapore-news/woman-escapes-sexual-penetration-charges-because

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ハロアジトップへ