シンガポール義妹、姪にわいせつ行為…

2014年に67歳の男が義理の妹(37)にわいせつ行為をしたとして14ヶ月の懲役が言い渡された。この男は、別件で2011年にも13歳の姪に対しわいせつ行為をしたとして24ヶ月の懲役が下っていた。

37歳の女性が男からわいせつ行為を受けたのは、2005年の11月…病室の中だった。
女性は、頭痛で体調不良だったため病院のベットで休んでいたが、妻と一緒に病室を訪れた男は、マッサージするといい、妻が同室にいたのにも関わらず、女性が寝ているベットをカーテンで区切りマッサージをするフリをして、病衣の中に手を入れ女性の体全身を触り始めたという。

女性は不快に感じたが、自分の体調が絶不調で抵抗したり、姉(男の妻)に助けを求めることができなかったと話している。

被害者が体調不良の中このような行為をしたことは許しがたいとして12~18ヶ月の刑期を言い渡すのが妥当だと判断された。男は、この件に関して深く反省しており、二度と女性の体をマッサージするようなことはしないと話しているようだ。

被害者の母としては心境複雑だよね、これは!姉妹間でもギクシャクするし…。

しかも奥さん同室の病室でよくもまぁそんなこと…!

http://news.asiaone.com/news/crime/man-serving-time-molesting-niece-sentenced-14-more-months-molesting-sister-law

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ハロアジトップへ