家族がいぬ間に”I need you”とメイドをレイプした事件!現在公判中

2013年12月に45歳のマレーシア人の雇用主が、自分の家族がいない間にミャンマー出身の現在38歳の女性を2度にわたってレイプした事件についての公判が行われている。

ミャンマーより出頭した被害者の女性は、雇用主の家族が旅行などでいない日にベッドで休息を取っていると、アルコール依存症を罹患している家主の男に呼び出され、英語で”I need you”と言いながら突然ベッドに押し倒され、レイプされた。数時間後、無理やり腕をひかれ、再びレイプされたという。

一方、加害男性は2度の性交渉は合意の上での行為だった、と言っているという。

誰かが見ていたわけではないからね。相手の男が合意の上だった、って言ってしまうとなるとレイプだったことをどう証明すればいいんだろうね?難しいね。真実がちゃんと暴かれると良いのだけどね。

http://news.asiaone.com/news/singapore/employer-told-maid-i-need-you-raping-her-twice

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

財務大臣Heng Swee Keat氏、閣議の最中に発作で倒れる。

Next Story

旅行帰りの48歳男性ジカウィルス感染を確認。シンガポール初。

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 警察官なりすまし詐欺!

警察官になりすまして詐欺行為! 被害者は警察官だという男から電話を受け、SNSで互いに繋がるようになった。 その際、相手は警察官の身分を証明する書類(偽)を提示してきたのだそう。 そしてそれを使って家族構成や銀行口座番号