バングラディシュ出身の男性が建設現場の事故で死亡

5月23日午後7時ごろ、22歳のバングラディシュ出身の労働者の男性がMandai Depotの建設現場で発生した事故で死亡した。ローリーから落ちてきた大きな梁が彼に当たったという。男性はシンガポールにきてまだ4~5か月ほどしか経っていなかったという。今年に入って職場での死亡事故は最低でも30件は発生しているという。

まだ若いのに、お気の毒だね。ご冥福をお祈りします。それにしても今年に入ってまだ半年も経っていないのに30件も死亡事故が起きているなんて、ちょっと酷すぎない!?安全管理体制に相当問題がありそうだね。労災の制度とかはきちんと整備されているのかな?こういった事故って、被害にあった人も、その周りの人も本当に居た堪れないよね。

http://news.asiaone.com/news/singapore/bangladesh-worker-killed-worksite-accident-mandai-depot-construction-site

ハロアジニュース

こんにちは。
毎日シンガポールのおもしろニュースを投稿してます。

コメントよろしくね。

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

真心でお客さんとコミュニケーションをとる名物店員さん。

Next Story

動物虐待の現場を録画し、フェイスブックに公開!犯人捜査中

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 彼氏の愚痴満載投稿!どう思う?

ある女性のフェイスブック投稿がネットで物議を醸している。 女性の投稿には、 「彼氏が贈ってくれた誕生日プレゼントが700ドルのルイビトンの財布でガッカリ。 妹(姉)は彼氏から1000ドルはするシャネルの財布をもらってたの