中国人労働者、建設作業中に感電死。労働災害による死亡事故は今年で33例目!

6月1日昼頃、Mapletree Business Cityの建設現場で35歳の中国人労働者がセメントミキサーを動作中に感電する事故が発生。

彼がセメントミキサーを作業中に突然途切れていた電気が通電。そのショックで4,5回体が揺れた後、後ろに倒れこんだ。

すぐさま除細動器などを使った蘇生術が行われたが、そのまま意識が戻ることなく搬送先の病院で死亡が確認された。

この建設現場での死亡事項は今回で2回目。又、労働災害による死亡事故は今年に入って33件目となる。労働省は事故を起こした会社に2~3週間の業務停止命令をだし、調査を行っている。

また労働災害での死亡事故が起きてしまったんだね。多いよね。安全管理について根本から見直す必要があるのかもしれないね。でないと次々と犠牲者が出続けてしまいそう。

安全管理についてはまあ、これでいいか、みたいないい加減な考えが命取りになりかねないのだろうね。

http://news.asiaone.com/news/singapore/china-national-latest-worksite-fatality

2 Comments

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

Japanese Girl Cheats and Was Caught On Camera!

Next Story

昨年、455人が新たにHIV感染を確認。大多数はセックスによる感染

Latest from シンガポール動画