日本xコロンビア戦、一緒に応援しませんか。

難病の31歳メイド雇用主が寄付金を募り、無事に祖国へ。

体中の粘膜が充血して皮膚がめくれてしまうという珍しい難病に侵された31歳のインドネシア人のメイドが、奇跡的に回復し、インドネシアへ帰国した。

彼女の雇用主はネット上で寄付金を募り、142人よりS$22,000 の寄付が集まった。

一時は体中が腫れあがり、痛みも相当ひどい状態だったが、症状は奇跡的に快方へ向かった。インドネシアに帰って休養しながら治療を続けると言う。

彼女は雇用主と見知らぬ人々の善意ある行為に感謝の言葉を残し、インドネシアへ帰って行った。

世の中には色々な珍しい病気があるものだね。とにかく病気が快方に向かって良かったよね。

雇用主さんの善意ある行動は素晴らしいね!インドネシアでゆっくり休んで病気を治して、また働ける日がくると良いよね。

http://news.asiaone.com/news/singapore/maid-recovers-rare-illness-flies-home

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ハロアジトップへ