93歳雇用主への暴行、27歳メイドに懲役2年

インドネシア国籍の27歳のメイドが93歳の雇用主の老女に殴る、蹴るの暴行を継続的に加えたとして懲役2年を言い渡された。

このメイドは2014年より雇用主の老女の自宅で住み込みで働いていた。彼女は痴呆がかなり進んだ状態の雇用主にイライラして、髪を引っ張って押し倒したり、足を蹴るなどの暴行を続けていた。

老女の子供たちが顔にある痣に気づき、CCTVの画像を確認して事態が発覚した。

自分のイライラを弱い老人に散々ぶつけるなんて、酷いメイドだね。CCTVがあって映像が証拠で残されてしまう可能性を考えなかったのだろうか?でもかなり痴呆がすすんだ人の介護をこのメイド一人に押し付けるのもどうなのよ?とも思ったよ。

http://news.asiaone.com/news/singapore/maid-gets-2-years-jail-abusing-93-year-old

 

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

Please see how it's going to be like when POKEMON GO comes to Singapore

Square Grey Merlion
Next Story

幼稚園教諭休職の一件、他にもあった保護者からの訴え!

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 不正搾取で若者4人を逮捕!

およそ12000ドルを不正搾取した疑いで15歳から21歳までの若者4人が警察の取り調べを受けている。 11月15日の真夜中、出会い系サイトで知り合った二人の男と会ったと言う被害者から通報があった。 この二人は、交通事故で