10代青少年の自殺件数が増加傾向にアリ!過去15年で最高

昨年、10歳~19歳の子供27人が自らの命を絶って亡くなった。これは前年の倍の人数で、過去15年間で最も多い。

1か月に少なくとも二人の子どもが自殺で亡くなっているという。

シンガポール国内全体での自殺件数は減少していた。つまり子供の自殺の割合がかなり増えている、ということだ。

10代の思春期は精神的に不安定な時期であることに加えて、ネット世代に育ってきた今の子供たちはネットを通じて簡単にネガティブな情報に接することができてしまうことも自殺増加の一因であると考えられている。

又、全体の自殺者数のうち約3分の2は男性だというが、女性の自殺件数が昨年に比べて増加傾向にあったという。

自殺と断定しきれないケースも含めれば10代の子供の自殺の割合はもっと多いのではないかな?とも思うな。

ただでさえも不安定な時期な上に、ネットのネガティブな影響を受けやすい、っていうのはなるほど、って思った。ゲームのやりすぎで、命を簡単にリセットできると勘違いしてるのもあるかもしれないね。

今後もっと10代の自殺の割合は増えていきそうな気がするよ。親や学校はどのように対処していけば良いのだろうね?

http://news.asiaone.com/news/singapore/youth-suicides-here-hit-15-year-high-last-year

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ハロアジトップへ