社会的弱者への虐待件数100件越え!急がれる法的整備

The Ministry of Social and Family Development (MFS)が昨年身障者や高齢者に対する虐待を調査するための新しい機関を設立して以来、取り扱った件数は100件を超えているという。MFSは来年早々に議会の議題にあがるであろうこの件についての下準備を進めているところだ。

もし新しい法律が制定されれば、ソーシャルワーカーなどが虐待の疑いのあるところへ立ち入り、被害者を施設などの安全な場所へ避難させることが法的に可能となるという。

こういう社会的弱者への虐待行為はずっと昔から数多く存在していたのだろうけれど、見て見ぬふりをされてしまいがちになっていたのだろうね。法的な強制力があれば動くに動けない状態から脱する助けになりそうだよね。早く法的な整備が整って一人でも多くの人が楽になるための手助けになると良いね。

http://news.asiaone.com/news/singapore/over-100-cases-abuse-against-vulnerable-adults

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。