偽造の小切手で130万ドル横領した社員の女に懲役12年!

2010年~2013年の間に200回以上偽造の小切手を発行し、合計130万S$を横領した投資顧問会社勤務の62歳の女に懲役12年が言い渡された。

オフィスで一人で働くことが多かったというこの女はクレジットカード払いにしたことにして横領をごまかし続け、総額を実際よりも少なくして悪事がばれないように工面し続けていた。

女は雇用主にリスキーな要求を押し付けられるなど不当な扱いを受けており、その腹いせのために横領し続けたといい、反省した様子は見られないという。女には前科があり、服役したこともあるという。

雇用主の人、前科のある女をよく雇用したよね。履歴書の改ざんしていたのだろうか?そんな人をオフィスで一人で野放しにするのもどうかと思ったけど。この女の人も味を占めちゃって止めることが出来なくなっちゃってたのかもね。反省もしてないなんてかなり強烈なおばちゃんだね。

http://news.asiaone.com/news/singapore/woman-jailed-12-years-cheating-boss-13m

 

 

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

1か月ぶりに意識を取り戻した16歳少女に寄付金が贈られる

Next Story

この人助かったの!? 市バスに轢かれてるよw

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 不正搾取で若者4人を逮捕!

およそ12000ドルを不正搾取した疑いで15歳から21歳までの若者4人が警察の取り調べを受けている。 11月15日の真夜中、出会い系サイトで知り合った二人の男と会ったと言う被害者から通報があった。 この二人は、交通事故で