年間約1200人がシンガポール市民権を放棄 その理由は?

2005年から2015年の10年間に、各年で平均1200人のシンガポール人がシンガポール市民権を放棄しているという。

とはいってもこれは全国民の0.1%にも満たない数字で、市民権を手放す主な理由は外国人と結婚した、仕事関連で外国へ行くことになったなど。

政府としてはシンガポールをより住みよい国にしてお互いの絆を強め、国民がシンガポール民としての強いアイデンティティを持てるよう努力したい、とコメントしている。

自分の国への愛着心を持てるってことは良い事だよね。その心を持ち続けられるように努力する、という政府のコメントは何だか暖かくていいな、って思ったよ。日本の政治家にはそういう暖かいハートが欠けているような気がしてならないよ…もし同じこと言ったとしても『ウソだろ!?』って思ってしまいそう。

http://news.asiaone.com/news/singapore/1200-singaporeans-renounced-their-citizenship-each-year-2005-2015-teo-chee-hean

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

Macpherson HDB blockで停電!住民の不便な生活続く

Square Grey Merlion
Next Story

39匹の猫を放置した女に懲役刑!

Latest from シンガポールニュース

シンガポール サイクリストを襲った野犬!

夜のサイクリング中、突然襲ってきた野犬! 2月15日、夜のShipyard Roadで、突如現れた2匹の野犬がサイクリング中の男性2人に襲い掛かかるアクシデントが発生。 サイクリスト達は突然の出来事に動揺したのか、1人は