1040gで産まれた赤ちゃんへの寄付金を募集中!

シンガポールに滞在中のベトナム人カップルが、未熟児として産まれた男の子の赤ちゃんにかかる医療費の寄付金を募っている。

赤ちゃんの母親は労働ビザでシンガポールに滞在中で、出産前にベトナムへ帰るつもりでいたが、早産で出産。産まれた赤ちゃんの体重は1040gしかなく、今後3か月以上NICUへの入院が必要で、そのための費用がS$250,000 前後かかる見込み。

11月21日現在、目標の約2割ほどの寄付金が集まっているという。

ベトナムで出産するよりもシンガポールで出産する方が費用がかかってしまうのだね。体重1000gはあまりに小さくて心配だね。一日でも早く保育器から出られるようになると良いね。

http://news.asiaone.com/news/singapore/vietnamese-couple-appeals-donations-premature-baby-born-spore

コメントを残す

Your email address will not be published.

Square Grey Merlion
Previous Story

Jurong Westの市場で大掛かりなネズミ駆除作業!

Next Story

鳥を密輸入しようとした男に懲役3か月!

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 不正搾取で若者4人を逮捕!

およそ12000ドルを不正搾取した疑いで15歳から21歳までの若者4人が警察の取り調べを受けている。 11月15日の真夜中、出会い系サイトで知り合った二人の男と会ったと言う被害者から通報があった。 この二人は、交通事故で