キャバクラ摩天楼:1時間飲み放題納涼プラン

30キロもの減量を経て姉へ腎臓を移植した弟。11年経った今は?

2005年、以前から患っていた腎臓病が悪化し、透析のためにジャーナリストの仕事を辞めざるを得なくなってしまった姉に弟が腎臓を提供。2016年11月30日はその移植手術から11年が経過した日だ。

弟は体調が悪化する一方の姉を見て移植を決断。30キロもの減量を経て、姉への腎臓移植を実施した。

手術の結果、姉は透析なしでの生活が可能となるまでに回復した。腎臓が一つになった弟も特に体調に大きな変化はないという。

自分たちの経験が腎臓移植を考えている人々への希望の光となるとよいな、と願っている。

30キロも減量を決行して移植手術に臨むだなんて、なかなか簡単には出来ないことなのではないかな?お姉さんの体調が良くなって透析なしの普通の生活が送れるようになって本当に良かったよね。

http://health.asiaone.com/health/health-news/he-loses-30kg-so-he-can-donate-kidney-sister

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ハロアジトップへ