作業員の落下死亡事故 これって雇用主の責任!?

今年7月、70歳の清掃作業員が作業中にはしごから転落して死亡する事故が発生した。

この作業員は以前から様々な持病があり、作業当日も彼の体調を気遣った雇用主が梯子に上るのをやめるよう話したにも関わらず作業を続け、その結果落下してしまい、死に至ったという。

検死官は落下の瞬間を誰かが目撃したわけではないが、不幸な不慮の事故だった、とコメントした。

こういう事故が起こった時って真っ先に雇用主の責任が問われてしまいそうだけど、今回の場合は雇用主側も配慮を行ったうえで起こってしまった、って事が認められたのだね。

http://news.asiaone.com/news/singapore/elderly-cleaners-fatal-fall-misadventure

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ハロアジトップへ