先天性の難病で手術を受けたインドネシアの女の子 1歳に!

1年前に先天性の仙尾テラトーマ (SCT)を患い、KK Women’s and Children’s Hospital で手術を受けたインドネシアの女の子は、現在1歳になり、元気に過ごしている。

仙尾テラトーマ (SCT)は4万人に1人という先天性の病気で、その腫瘍の大きさは体よりも大きかったという。成功率は半々だという手術に臨み、無事に成功した。

この赤ちゃんへの寄付金はS$100,000集まったという。現在も定期的なチェックのためにシンガポールへ訪れているのだそう。経過は順調だそうだ。

仙骨テラトーマって病気、初めて知りました。こんな先天性の病気があるんだ、ってすごくびっくりしたよ。手術が成功して経過も順調みたいで良かったよね。命って本当に大事だね。

http://health.asiaone.com/health/patients-stories/baby-jeslyn-all-smiles-now-year-after-surgery

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

【衝撃的動画】 シンガポール人44歳男性がジョーホルで3人の男に襲われる

Next Story

塾の相場は1000億円超!その効果は如何に?

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 15歳、16歳少女2人が飛び降り自殺!

少女2人が連れ立って飛び降り自殺! 4月3日夜、Toa Payohにある建物で若い女性二人が頭から血を流して倒れているのが発見され、その場で死亡が確認された。 2人は15歳と16歳で、親しい友人同士だったということだ。お