先天性の難病で手術を受けたインドネシアの女の子 1歳に!

1年前に先天性の仙尾テラトーマ (SCT)を患い、KK Women’s and Children’s Hospital で手術を受けたインドネシアの女の子は、現在1歳になり、元気に過ごしている。

仙尾テラトーマ (SCT)は4万人に1人という先天性の病気で、その腫瘍の大きさは体よりも大きかったという。成功率は半々だという手術に臨み、無事に成功した。

この赤ちゃんへの寄付金はS$100,000集まったという。現在も定期的なチェックのためにシンガポールへ訪れているのだそう。経過は順調だそうだ。

仙骨テラトーマって病気、初めて知りました。こんな先天性の病気があるんだ、ってすごくびっくりしたよ。手術が成功して経過も順調みたいで良かったよね。命って本当に大事だね。

http://health.asiaone.com/health/patients-stories/baby-jeslyn-all-smiles-now-year-after-surgery

ハロアジニュース

こんにちは。
毎日シンガポールのおもしろニュースを投稿してます。

コメントよろしくね。

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

【衝撃的動画】 シンガポール人44歳男性がジョーホルで3人の男に襲われる

Next Story

塾の相場は1000億円超!その効果は如何に?

Latest from シンガポールニュース