孤独死か?引き取り手のいない遺体が一年で100体以上!

シンガポール内では1年間で少なくとも100体もの引き取り手のいない遺体が葬儀場や死体安置所に引き取られているのだそう。

これらの遺体は近親者がみつからない場合には火葬されたり、研究材料として研究機関に送られるなどされるという。

このような引き取り手のいない遺体は圧倒的に高齢者が多い。と言うのも数少ない近親者が先に死んでしまったり、疎遠になってしまうなどして一人で亡くなるケースが多いからだという。

いわゆる”孤独死”ってやつだね。これって将来自分だってどうなるかは分からないし、十分あり得ることだなぁ、なんだかちょっと怖いな、って思ったよ。アメリカみたいに近親者の書面での同意がなければダメな国もあるみたいだけど、(日本はどうなんだろう?)もし役立つなら研究機関送りにしてもらっても自分的には構わないかも。

http://news.asiaone.com/news/singapore/least-100-bodies-go-unclaimed-each-year

 

1 Comment

  1. 【 孤獨死の運命 】
    :
    ※『ワシ』は、
    『特定の出身地が無い』・『故郷が無い』・
    『親戚と疎遠』で『友達が居無い爲』に、
    『家出』して『放浪した事』に由り、
    『大阪県西成郡釜崎町』で、
    『路上生活者』と成った『獨身者』です。
    ※『ワシ』は、
    『孤獨』で『葬式が無い状態』で、
    『墓場も無い状態』で『無縁佛』の『運命』です。
    :
    【 平成三十零年(2018年)五月五日 】
    【 伸山敦 】

コメントを残す

Your email address will not be published.

シンガポール激辛カレー
Previous Story

【シンガポール100倍激辛カレー】 3分間以内で完食 クレージーチャレンジ

Next Story

バイク運転手が吹っ飛んで車の屋根を飛び越える衝撃の瞬間!!

Latest from シンガポールニュース