シンガポールメイド市場拡大のために、よりよい環境作りが必要ですよ!

Centre for Domestic Employees (CDE)の会長Yeo Guat Kwang氏は4月23日、2030年までにシンガポールで30万人以上の外国人メイドが必要になることが見込まれているのを受けて、海外の人々にとってシンガポールが魅力的な職場となるよう、より良い労働環境を整えていく必要がある、と述べた。

この発言はLianhe WanbaoとNation at Suntec City Convention Centreが主催するメイドと雇用主による料理対決イベントで発表されたもの。彼はメイドと雇用主が綿密にコミュニケーションをとることによって、良い関係を築くことが重要だとも述べた。

又、メイドとのトラブルの半数以上とも言われる、賃金支払いに関するトラブルについては、電子決済のシステムを早急に整えることにも言及した。また、契約の際には書面にて執り行うよう推奨した。

"It is important for us to ensure that Singapore remains a choice destination for workers in the region," says Centre for Domestic Employees chairman Yeo Guat Kwang.

The Straits Timesさんの投稿 2017年4月23日

この先30万人もメイドが必要になるって、すごい話だね。そのためのクリーンな労働環境作りは必要不可欠だね。メイドとの契約は口頭のみのあいまいなものになってしまうことも多そうだよね。それだけにトラブルも少なくないのだろうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。