3か月間で2回目!? シンガポールタバコのポイ捨てで火災発生!

5月9日朝、Shenton Houseで火災が発生した。この3か月間で同じビルで2回の火災が発生したことになる。

24階のごみ処理場にポイ捨てされたタバコが火災の原因と考えられるという。ゴミ周辺が焼け、けが人はいなかった。

今年2月には同ビル15階付近から出火、住民約150人が避難し、二人が煙を吸って病院に搬送されるという騒ぎがあったばかりだ。

Photos sent in by ST reader Ang Lixing showed at least two fire engines parked outside the 25-storey building.

The Straits Timesさんの投稿 2017年5月8日

タバコのポイ捨てって本当に火災につながるのだね。何気なくやってしまいがちかもしれないけれど、ポイ捨ては絶対にダメだね!同じビルで3か月に2回も火災が起きるなんて、ちょっと尋常じゃない事態だよね。

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

シンガポール中年男 事情聴取拒否して5時間立てこもり!

Next Story

シンガポール中年女性の喧嘩! 売られた喧嘩はどうやって対処する?

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 15歳、16歳少女2人が飛び降り自殺!

少女2人が連れ立って飛び降り自殺! 4月3日夜、Toa Payohにある建物で若い女性二人が頭から血を流して倒れているのが発見され、その場で死亡が確認された。 2人は15歳と16歳で、親しい友人同士だったということだ。お