シンガポール34歳男性、4年間の闘病の末死去

6月8日、Koh Ming Haoさん(34歳)は、4年の闘病生活の末、帰らぬ人となった。

Haoさんは2013年、末期の胃がんと診断され、余命1年を宣告された。

数度の手術と60回以上にも及ぶ抗がん剤治療などを経て、余命宣告よりも3年多くの時間を精一杯生き抜いた。

昨年には15歳の頃からガールフレンドだった女性と結婚もした。

彼はフェイスブックを通じて他の多くの癌患者と交流を持ち、お互いに励まし合っていたという。

この先は多くの人々の心の中で、彼は生き続けることだろう。

He beat the odds and survived for four years despite being given a year to live. http://bit.ly/2rQzSN9

Stompさんの投稿 2017年6月11日

この男性にとって妻をはじめ周りの家族や友人や、フェイスブックを通じて知り合った人たちとの交流が大きな心の支えになっていたのだろうね。癌との戦いは想像を絶するほど過酷なものだってことを、私も最近ある人のブログを通じて思い知りました。病気の本人ももちろんのこと、周りの人々も本当に大変なんだよね。ご冥福をお祈りします。

ハロアジニュース

こんにちは。
毎日シンガポールのおもしろニュースを投稿してます。

コメントよろしくね。

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

シンガポール屋外駐車場 車体ひっかき傷被害にご用心を!!!

Next Story

フィリピン人メイドシンガポールでとばっちり!? 不正送金受け取りで懲役刑!

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 盗撮を繰り返した当時中学生に有罪判決!

学校内外で盗撮を繰り返していた当時中学生の男子生徒に有罪判決! フィリピン出身でシンガポール永住権を持つ当時14歳の男子生徒はクラスメイトやMRT車内にいた女性の盗撮を繰り返していたのだという。 そしてその動画をアプリを

シンガポール ベンチ上で男性の変死体発見される!

6月30日朝、Bedok Northにあるベンチの上で男性の変死体が発見された。 58歳男性の遺体はベンチに横たわった状態で発見され、駆け付けた検死官がその場で死亡を確認した。 男性の遺体が撤去されるまで周辺は立ち入り禁

シンガポール 危険すぎる洗濯物⁉

もし落ちたら超危険! HDBの窓から出た竹製のポールにひっかけて吊るされていたのは何と!オフィスチェアだった! Tanjong PagarのTown Council がその住居の住民に注意をしてくれたので、もうすでに椅子