キャバクラ摩天楼:1時間飲み放題納涼プラン

シンガポール癌専門医に8か月間の停職処分!!!

シンガポール最高裁判中に控訴中だった著名な癌専門医に、8か月間の停職処分が言い渡された。

59歳の癌専門医は、肺がん患者に自分が勧める治療方法で治療すれば70パーセントの確率で治癒すると言って、患者に手術による治療方法を提示しなかったという。

彼が提示した治療法は通常の医療方針からは逸脱したもので、”70パーセントの可能性”には特に根拠があるわけでもなかったといい、患者に間違った希望を持たせてしまったのだという。

男は当初罰金刑S$25,000―を言い渡されていたが、最高裁判所は罰金の代わりに停職処分が妥当だとし、判決を下した。

The disciplinary tribunal felt that Dr Ang Peng Tiam of Parkway Cancer Centre had "wrongly held out false hope" to the patient and her family.

The Straits Timesさんの投稿 2017年6月27日

まるで正規の医者じゃなくて民間療法を勧めてくる人みたいだね。手術せずに70パーセントの可能性で治癒できますよって言われたらそちらを選択してしまってもおかしくないよね。誰だってできれば手術なんてしたくないもの。でも、最初にきちんとした治療を怠ったために取り返しのつかない病状になってしまったらその医師のことを本気で憎んでしまうよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ハロアジトップへ