シンガポールTuasで発生の火災 負傷者の内一人が死亡!

6月24日にTuasで発生した火災の二人の負傷者のうち一人が29日朝、死亡した。

中国出身の39歳のこの男性は、火災時に身体のおよそ90パーセントに火傷を負い、危篤状態に陥っていた。

駆けつけた家族が見守る中、息を引き取ったという。

もう一人の負傷者である27歳の男性も身体のおよそ66パーセントに火傷を負っており、依然厳しい状態が続いているという。

His family managed to make it to Singapore in time to be with him when he died.

The Straits Timesさんの投稿 2017年6月28日

身体の90パーセントに火傷を負ってしまっては、生き延びるにはかなり厳しいものがあるね。中国から駆けつけた家族が臨終に間に合ってよかったよね。ご冥福をお祈りします。もう一人の負傷者もなんとか回復できますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。