シンガポール小学校教頭 少年へのわいせつ行為で公判中!

シンガポール北西部にある小学校の55歳の教頭が、未成年者にわいせつな行為を行ったとして、現在裁判中だ。

2004年当時14歳だった少年は、学校の体育館及び教頭の自宅で陰部を数度にわたって叩かれたという。

又、2005年、2006年には、教頭がこの少年を自宅に呼びつけ、オーラルセックスをさせたという。

そして2015年になって、この時の様子が撮影された9本のわいせつ動画と1本の無修正動画が男の自宅で発見されたのだ。

10月に再度公判が行われる予定だ。

どうして小学校の教頭たる人物がこんなにひどいことをできるのだろうか?ありえないよ。こんな教頭のいる学校の生徒たちは一体誰を信じればよいのか分からなくなってしまいそうだね。
当時14歳だった少年も、ずいぶんと長いこと事件が明るみになることなく、嫌な思いをし続けていたのだろうね。本当に辛かっただろうね。

Primary school vice-principal accused of engaging in oral sex with 14-year-old boy and stroking his private parts http://bit.ly/2wD1gir

Stompさんの投稿 2017年9月5日

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

シンガポール小児性愛者 6年の刑期延長が決定!

Next Story

シンガポール女性、マレーシア乗り合いバスで殴られる!

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 不正搾取で若者4人を逮捕!

およそ12000ドルを不正搾取した疑いで15歳から21歳までの若者4人が警察の取り調べを受けている。 11月15日の真夜中、出会い系サイトで知り合った二人の男と会ったと言う被害者から通報があった。 この二人は、交通事故で