バイト・インターン募集してます。

シンガポール航空 預かり中のペット死亡! 飼い主が被害届!

9月2日、チャンギ空港でSIA乗客のペットが死亡するアクシデントが発生。現在詳しく調査中だ。

死亡したのは4歳のアメリカン・コッカー・スパニエル犬。飼い主の家族はホーチミンへ旅行の予定だった。

SIAの規定により客室への持ち込みは禁止だったため、ペット用荷物としてこの犬を預けたという。

ホーチミンに到着して、飼い主はスタッフから犬の死亡を告げられたという。

しかも、死亡した犬は機内に乗せられておらず、シンガポール内で死亡したとの事。

すぐにシンガポールに戻った飼い主は、犬の亡骸と対面した。もがき苦しんであろう痕跡が残されていたという。

飼い主はSIA側の管理不行き届きだとして、警察に被害届を提出した。

どうして死んでしまったのかな?まだ若い犬なのにね。相当に強いストレスがかかってしまったのかもしれないけれど、死んでしまうほどなのかな?他にも何か原因があったのかもしれないね。どちらにしろ、乗っているはずが実は乗っていませんでした、ってのはちょっとお粗末だわねw

The owner alleged that Singapore Airlines had been negligent in its handling of Charlie said she has made a police report. http://bit.ly/2xfp7qH

Stompさんの投稿 2017年9月10日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ハロアジトップへ