シンガポールこれぞPMDの力! 危険個所を素早く修復

Old Tampines Roadの路上を走行中のe-scooterの運転手が、突き出したマンホールの縁に引っかかり転倒し、怪我を負う事故が発生。

この事故についての投稿がSNS上に出回ったのがきっかけで、このマンホール周辺の凸凹を平らにする作業が早い段階で行われ、人々は安心して通行ができるようになったという。

ここ最近のPersonality Mobility Devices(PMD)の普及のおかげで、今回のような安全向上を図る作業がいち早くできるようになってきているのはとても喜ばしいことだ。

自分は二輪車には乗ったことがないけれど、バイクは雨でもスリップしやすいらしいし、今回の一件みたいにちょっとした凸凹で転倒してしまったりするんだね。しかも車と違って身一つでの運転だからかなり危険だね。危険な個所に対していち早く対応することができるのはネット社会の強みだね。

He said in a Sep 14 report that the accident left him with abrasions on his knees, palms and the back of his hands.

http://bit.ly/2yuhWsW

Stompさんの投稿 2017年9月21日

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

シンガポール労働者死亡事故発生! ケーブルドラムに引っかかり宙吊りか!? 

Next Story

シンガポール 小学生がナイフ購入 これは違法行為?

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 不正搾取で若者4人を逮捕!

およそ12000ドルを不正搾取した疑いで15歳から21歳までの若者4人が警察の取り調べを受けている。 11月15日の真夜中、出会い系サイトで知り合った二人の男と会ったと言う被害者から通報があった。 この二人は、交通事故で