シンガポール人作業員が作業現場で感電死。

9月24日、Kranji Loopの作業現場で、シンガポール人作業員が感電死する事故が発生。

死亡した作業員は50歳代で、SPグループの建設業会社James Contractorの下請けとして働いており、jointer(手押しかんな盤)の有資格者だったというが、終了作業の最中、誤って感電し死に至ったのだという。

SPグループでは、事故の原因究明を急いでいる。

きちんと資格も持っていて、作業にもなれていたであろうベテランの人でもこうやって思わぬミスをして命を落としてしまうこともあるのだね。恐ろしいものだね。安全が第一。油断は大敵だね。

"We are saddened that the worker died and extend our deepest condolences to his family," SP Group said.

Stompさんの投稿 2017年9月24日

ハロアジニュース

こんにちは。
毎日シンガポールのおもしろニュースを投稿してます。

コメントよろしくね。

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

シンガポール酔っ払い! カーパークの地面がベッドです!

Next Story

シンガポール不倫 伝説 ・・ 駐妻はやっぱ遊んでるのかい!?

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 盗撮を繰り返した当時中学生に有罪判決!

学校内外で盗撮を繰り返していた当時中学生の男子生徒に有罪判決! フィリピン出身でシンガポール永住権を持つ当時14歳の男子生徒はクラスメイトやMRT車内にいた女性の盗撮を繰り返していたのだという。 そしてその動画をアプリを

シンガポール ベンチ上で男性の変死体発見される!

6月30日朝、Bedok Northにあるベンチの上で男性の変死体が発見された。 58歳男性の遺体はベンチに横たわった状態で発見され、駆け付けた検死官がその場で死亡を確認した。 男性の遺体が撤去されるまで周辺は立ち入り禁

シンガポール 危険すぎる洗濯物⁉

もし落ちたら超危険! HDBの窓から出た竹製のポールにひっかけて吊るされていたのは何と!オフィスチェアだった! Tanjong PagarのTown Council がその住居の住民に注意をしてくれたので、もうすでに椅子