動物虐待 シンガポール67歳男に7年間の予防拘禁!

動物虐待の罪で67歳の男に7年間の予防拘禁処分が言い渡された。

今年一月末、Spooner Road で一匹の猫が血を流した状態でぐったりとしていた。

傷口からは腸がはみ出していたという。

猫は発見後すぐに病院へ搬送されたが、翌日死亡した。

凶器とみられるナイフも発見され、男は自分の犯行を認めたという。

AVAでは動物虐待に関する情報を常時受け付けているそうだ。

酷い事するよね。人間をナイフで傷つけるのはもちろんダメだけど、だからといって動物なら大丈夫、ってもんじゃないでしょ!動物だって刺されたら痛いし苦しいってことが分からないのだね。こういうことを平気でできてしまう人は。

The cat was found lying in a pool of blood with its intestines exposed. It later succumbed to its injuries. http://bit.ly/2xC43KU

Stompさんの投稿 2017年9月25日

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

マーライオンiPhoneケース 発売中! JTBトラベルラウンジで購入可能です!

Next Story

シンガポール 離婚寸前の夫婦が飛び降り自殺か!?

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 人種差別的暴言多発中!

人種差別的な暴言を吐いた男を警察が取り調べ中! 47歳の男はPasir Ris Beach Parkで休息をとっていたインド人家族に対し、マスクを着用していなことを咎め「ウィルスをまき散らすな!」と怒鳴り散らしたのだとか

シンガポール ニセ物ではありません。本物のNTOです!

ニセじゃないよ!れっきとした本物だよ! SNS上で警察からの交通違反の通知書の写真を掲載し、「この通知は偽物。詐欺だから決してQRコードをスキャンしないで。」などの書き込みがあるのだとか。 これに対し警察は、「写真に写っ