動物虐待 シンガポール67歳男に7年間の予防拘禁!

動物虐待の罪で67歳の男に7年間の予防拘禁処分が言い渡された。

今年一月末、Spooner Road で一匹の猫が血を流した状態でぐったりとしていた。

傷口からは腸がはみ出していたという。

猫は発見後すぐに病院へ搬送されたが、翌日死亡した。

凶器とみられるナイフも発見され、男は自分の犯行を認めたという。

AVAでは動物虐待に関する情報を常時受け付けているそうだ。

酷い事するよね。人間をナイフで傷つけるのはもちろんダメだけど、だからといって動物なら大丈夫、ってもんじゃないでしょ!動物だって刺されたら痛いし苦しいってことが分からないのだね。こういうことを平気でできてしまう人は。

The cat was found lying in a pool of blood with its intestines exposed. It later succumbed to its injuries. http://bit.ly/2xC43KU

Stompさんの投稿 2017年9月25日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ハロアジトップへ