キャバクラ摩天楼:1時間飲み放題納涼プラン

シンガポール 兵役逃れの弁護士息子に懲役12週間!

10月11日、兵役義務を怠ったとして、現在25歳の弁護士の末子に対し懲役12週間が言い渡された。

この弁護士の息子は、2006年8月から2015年8月までの間、有効な出国許可を取ることなくカナダで生活をしていたという。

この時、父親はシンガポールに残り、母親と兄と姉と本人がカナダに移住したとの事。2005年にはカナダの市民権を取得していた。

父親はCentral Manpower Base (CMPB)に対し、彼の兵役を21歳になるまで延期する旨の書類を提出。そして21歳になったときにシンガポール市民権を放棄させる心づもりだったのだが、CMPBは申請を却下。速やかにシンガポールに帰国し、兵役義務を遂行するように通達を出していた。

彼は現在シンガポールに戻り、兵役を行っているという。

現在28歳の兄にも同様の罪で懲役刑が科せられている。

ひやーっ!厳しいね!日本には兵役義務が無いからピンとこないけど、兵役がある国は大変だ!
それにしても、弁護士のお父さん、家族を正規の許可なしに海外に行かせてしまうとか、ちょっとどうしたものかな?って思うよ。そもそもそこから間違いが始まってるよね。当時何も知らなかった子供たちがとばっちりを受けてしまう形になってるよね。

Isaac Tan Yang En, whose father is Senior Counsel Tan Chee Meng, had lived overseas without a valid exit permit between Aug 15, 2006, and Aug 5, 2015.

The Straits Timesさんの投稿 2017年10月10日(火)

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ハロアジトップへ